2

ウルグアイ旅行なら現地らしいごはんがいい


画像参照:Priscilla Jordão

ウルグアイに旅行すれば、どのようなごはんが食べられるのでしょうか。ウルグアイでは、アルゼンチンと同じような料理が多いといえます。つまり、牛肉を使ったヨーロッパで食べられるような料理が多いということです。例えば、アサードは牛肉を焼いて作る料理です。アサードはアルゼンチンでも定番の料理となっており、アルゼンチンでは男性が焼くという決まりがあるようです。
アルファホーレスというクッキーなども南米各所、もちろんウルグアイでも美味しくて人気のある食べ物です。

ウルグアイはワインが美味しいことでも知られています。それも、わりとヨーロッパらしいテイストのワインが多く、国際コンクールでも優勝するようなワインを作り出しています。
ウルグアイの家庭料理の定番といえば
ミラネーサやカルボナーデといった肉を使ったごはんがあげられます。ミラネーサはミラノ風の牛肉のカツレツで料理名からもミラノを彷彿されます。カルボナーデはごはんに肉やレーズンなどを混ぜたごはん。こちらもウルグアイに行った際には是非食べておきたい料理となります。

よく使われる調味料といえば、チミチェリー・ソースがあります。目玉焼きやレタス、ベーコンなどを薄切りした肉と一緒に調理するチヴィートと呼ばれる料理も美味しく食べられます。
また、カウボーイたちの飲み物であったイェルバ・メイトもお茶のような味わいがします。フルーツジュースとワインを混ぜ入れたクレリコと呼ばれる飲み物も、よく飲まれています。ウルグアイには様々な料理や飲み物がありますから、旅行に行くことがあればぜひ味わってみることをおすすめします。