1

歴史やビーチの観光地が揃うウルグアイ


画像参照:Ana Raquel S. Hernandes

ウルグアイへ旅行をするのであれば、本場のマテ茶をいただくのが良いです。マテ茶は一時期日本で人気を呼んだことがあるお茶で、ウルグアイの人たちはお酒よりもマテ茶をこよなく愛する伝統茶なのです。しかも日本のように湯飲みやカップに注いで飲むのではなく、ひょうたんのような伝統的な容器で茶漉しの機能がついたストローで飲むという、その場所独特の飲み方を体験することができます。

首都であるモンテビデオでは古い建物やランドマークが並んでおり、現代の建物と昔からの建物が上手に融合されている街並みが観光地としての魅力であります。そのノスタルジックのような街並みは歴史観があり、野外の博物館のように楽しむことができるとも言われております。
モンテビデオはウルグアイの人口の約半数が住んでいるといわれており商業の中心地となります。ここには多くのビーチがあるリゾート都市としての表情をみせる一方で、旧市街には古い街並みが広がるなどして、リゾートステイも街の散策も楽しめる都市です。

モンテビデオがら200km程足を延ばすと世界遺産の古都「コロニア・デル・サクラメント」があります。石畳が残る通りには歴史的建造物が多く立ち並んでいます。スペイン支配下にあったという歴史から、この街の建物はスペインとウルグアイの建築様式が混在し美しい街並みを演出しています。

旅行に行った際にはただその場所を楽しむだけでなく、歴史や自然に触れながらウルグアイ滞在を楽しんでみてください。